新築戸建と中古戸建はどう違うの??

投稿者:

新築戸建と中古戸建はどう違うの??

 

 

マイホームうを検討する際、戸建に住みたいなと考えた方は

新築戸建てか中古戸建てどちらにしよう…

そもそも新築戸建と中古戸建は建物の新しさ、価格の差以外に何が違うのだろう?

多くの方がそんな疑問が出てくるのではないでしょうか。

 

そんな方々が比較・検討しやすいようにそれぞれのメリット・デメリットを整理しました。

ではさっそく、確認していきましょう!

 

 

■新築戸建

メリット

◎新築に住むという満足感(きれいな新しい家に住める)

なんといっても新築戸建を購入される理由のナンバー1です。

気持ちの問題ですが、やはり他の人が使ったことのない真っ新な空間というのは

何にも代えがたい価値があると考える人が多いということですね。

 

◎税制上の優遇を受けやすい

新築住宅は中古住宅よりも手厚い優遇措置が設けられています。

固定資産税、登録免許税、不動産収得税が新築戸建のほうが中古戸建より優遇されています。

 

◎10年間保証期間がある

すべての新築は「住宅品質確保促進法」により10年間保証されます。

これにより長期間の安心というメリットがあります。

 

◎丈夫で長く住める

建築基準法が年々厳しくなってきている影響で最新の建築基準法にのっとって

建てられている家  は、 以前に建てられた戸建より耐震面、強度など様々な面で、

安心して長く住むことができます。

 

◎完成済物件以外は色や間取りが選べる

完成前の物件であれば間取りの相談ができたり、

設備の色が選べるので自分好みにすることができます。

 

 

デメリット

◎入居時期が不確定

完成している物件はすぐに入居できますが、新築のほとんどが未完成の状態での契約となります。

そうすると天候や建築工程の都合で完成時期がずれることも多く、

入居日がぎりぎりにならないと分からないということも…。

 

◎周辺環境などを把握できない

中古戸建であれば売主様にご近所の方がどんな方なのかなど実際に住んでいての情報を聞くことができますが、新築の場合は販売している不動産業者も隣人がどんな方なのかなどの細かな情報までは把握できていないことも多いので、住んでみないと分からない部分があります。

 

◎未完成物件だと建物・間取り・色などのイメージがしにくい

実際に建っているものを見ることができないため、図面や同仕様のモデルハウスを見て

イメージ上で家具や家電の配置などを考えないといけません。

ですので、実際に配置してみると想像通りに行かないことも…。

 

 

■中古戸建

 

メリット

◎新築と同じ価格でも広い家が買える

やはりなんといっても、価格を新築より抑えられるのが中古戸建の魅力です。

本当はもう少し広さのある家に住みたいと思っても

新築だと予算オーバーということもありますよね。

でも、中古戸建なら予算内で広いお家に住めることも…。

さらに、エアコンや照明器具などの設備がすでについていることもあり、

初期費用が抑えられるということもあります。

 

◎実物が見れる

中古建はすでにそこにあるので、実際に見たり触れたりできることから

「自分たちがここで暮らしたら」というイメージがしやすい。

手持ちの電化製品や家具の配置を具体的に考えられたり、

日当たりや通風しを実際に確認することができます。

 

◎住みたい町に住める可能性

どうしても住みたいエリアがある方にとって新築に住みたいと思っていても

人気エリアほどなかなか新築戸建は出てきません。

そんな場合はそのエリアで中古戸建が売りに出されるのを待つ方が早いということが多いので、

建物よりも住環境を重視する場合は中古戸建でしか実現できないということも…。

 

◎売主から周辺環境の情報などが得られる

近隣住民がどのような方たちなのか、住環境はどうなのか、現在の部屋の使用例など

住んでいた方にしか分からないリアルな情報を聞くことができます。

 

◎リノベーションすれば新築よりも安価に同等の住宅性能が得られる

近年リノベーション技術の向上により、リノベーション住宅という言葉を耳にする機会が

増えてきましたよね。昔ながらの町屋風の外観はそのままでこだわりの内装にすることができたり、

必要な設備だけ最新のものにしたりと自分なりのオリジナリティ溢れるお家を

作ることができるのも中古戸建の魅力のひとつです。

 

デメリット

◎保証期間が短い。または保証がない

中古住宅では瑕疵担保責任が免責になる契約が多く免責でない場合も

売主の責任は三か月程度に限定されることも多いです。

 

◎購入時に改装費が必要な場合がある

古い物件ほど不具合が出やすく中古戸建を購入する場合は、

同時にメンテナンス費用も見積もっておく必要があります。

 

◎住宅ローンが新築に比べて通りにくい

建築基準法が変わったことにより現在の法律では違反建築となるためローンが組めなかったり、

建物の築年数などにより実質土地にしか価値を見出せないと判断された場合、借入可能額が

低くなってしまったりといったことからローンの審査が厳しくなってしまうことも…。

 

◎税金などの補助面が少ない

新築には手厚い税制上の優遇措置がありますが、中古戸建となると様々な条件が設けられており、

その条件をクリアしていなければ対象外となったり、クリアできていてもそもそもの軽減率が

新築に比べ低く設定されています。その為、どうしても税制上は新築戸建ての方が

優遇されているということになります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

それぞれに様々なメリット・デメリットがありましたね。

簡単にまとめると新築戸建ては新しい家に長く安心して住める、

中古戸建は実物を見ることができ早く住み始められまるということですね。

以上のことからそれぞれのメリット・デメリットをふまえ、自分の中での譲れない部分、

最優先事項を考えた上で物件を探し始めると探しやすいかもしれないですね。

ぜひ一度マイホームについて具体的に考え、比較・検討してみてください♪